houko.com 

非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部を改正する政令

  平成23・5・20・政令143号  


内閣は、消防組織法(昭和22年法律第226号)第24条第1項、消防法(昭和23年法律第186号)第36条の3第1項(同条第3項において準用する場合を含む。)並びに水防法(昭和24年法律第193号)第6条の2第1項及び第45条の規定に基づき、この政令を制定する。
非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令(昭和31年政令第335号)の一部を次のように改正する。

附則に次の1条を加える。
(東日本大震災に係る死亡の推定の特例)
第5条 平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による災害により行方不明となつた者の生死が3箇月間分からない場合又はその者の死亡が3箇月以内に明らかとなり、かつ、その死亡の時期が分からない場合には、第14条(附則第1条の2第4項において読み替えて準用する場合を含む。)の規定の適用がある場合を除き、死亡に係る給付の支給に関する規定の適用については、同日に、その者は、死亡したものと推定する。
附 則

この政令は、公布の日から施行する。

houko.com