houko.com 

乳及び乳製品の成分規格等に関する省令別表の2の(1)の(1)の規定に基づき厚生労働大臣が定める放射性物質

  平成24・3・15・厚生労働省告示129号  
乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(昭和26年厚生省令第52号)別表の二の(一)の(1)の規定に基づき、厚生労働大臣が定める放射性物質を次のように定め、平成24年4月1日から適用する。ただし、本文の規定にかかわらず、平成24年3月31日までに製造され、加工され、又は輸入された乳及び乳製品並びにこれらを主要原料とする食品のうち、乳及び乳製品に係る放射性物質にあっては1キログラム当たり200ベクレルを超える濃度のセシウムと、乳及び乳製品を主要原料とする食品に係る放射性物質にあっては1キログラム当たり500ベクレルを超える濃度のセシウムとする。
乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(昭和26年厚生省令第52号。以下「乳等省令」という。)別表の二の(一)の(1)の規定に基づき厚生労働大臣が定める放射性物質は、次の各号に掲げる乳等(乳等省令第1条に規定する乳等をいう。)の区分に応じ、それぞれ当該各号に定める濃度を超えるセシウム(放射性物質のうち、セシウム134及びセシウム137をいう。以下同じ。)とする。

厚生労働大臣が定める放射性物質

一 乳等省令第2条第1項に規定する乳(以下「乳」という。)及び同条第40項に規定する乳飲料(以下「乳飲料」という。) 1キログラム当たり50ベクレル
二 乳児の飲食に供することを目的として販売する乳等省令第2条第12項に規定する乳製品(以下「乳製品」という。)(乳飲料を除く。)並びに乳及び乳製品を主要原料とする食品 1キログラム当たり50ベクレル
三 前2号に掲げる食品以外の乳製品並びに乳及び乳製品を主要原料とする食品 1キログラム当たり100ベクレル